通勤時に使う水筒を買う

水筒

ここ数日、暖かくなってきて、初夏の日差しを感じる様な日もあるという、ちょっと変な天候なのだけれども。

自転車通勤者には辛い季節になってきた。

僕が通勤に自転車を使う時間は20分程度と短いが、それでも水分補給手段はあった方が良いね。自転車で使うボトルと言えば、アレだけど……。

スポンサーリンク

自転車に乗っているときに使える水筒

ポディウム チル

自転車愛好家は、この手のボトルを愛用している。

自転車用のボトルは日々進化しているらしく、僕が学生時代に使っていたヤツとは随分と機能が違う。少なくとも、「保冷機能」なんて無かった。

今もシマノはラインナップとして扱っているが、この手のボトルが一般的だった。安くて使い易いのだが、保冷機能などは無い。

割と消耗品扱いなので、1年くらいで交換しないとダメだしね。

だからその分お安いという事もある。

飲み口はこんな形

まあ、そんな訳で自転車でツーリングする場合や、ジョギングなんかする場合には、キャメルバックの製品は絶対オススメである。

飲み口はこんな感じになっていて、ボディを指で押した時だけ、中身が出てくる構造になっている。クローズポジションにしてあれば、液漏れする事もない。

ポディウム アイス

ポディウム チルよりも保冷効果を高めたのがこちら。

ポディウム チルよりも少々大きくなっているが、保冷効果は高くなっている。

……のだが、まあ、プラスチック製なので、それなりの保冷効果と。  

SIGGのボトル

デザインで選ぶと、SIGGのアレかなぁ。 まあ、アウトドアのアイテムでは定番というか、憧れのアイテムというか。

かっこいいのだけれど、アルミボディは外側がへこみやすいし、保温機能は期待できない。

この手のカバーを使えば、ある程度は、といったところか。

ナルゲンのボトル

アウトドア系で有名なのはこちら。

SIGGより広口になっているのがポイントだが、こちらも保温・保冷は期待できない。

が、ナルゲンのボトルはそのまま冷凍することが出来るなど、タフで、なおかつ密閉度が高くなる構造になっているため、液漏れなどの心配もしなくて良い。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
にほんブログ村 その他生活ブログ 便利グッズへ
スポンサーリンク
水筒
木霊をフォローする
家で活躍こんなmono

コメント

タイトルとURLをコピーしました