サーフェス ラップトップを買ったよ!ノートパソコンとして使うならオススメ

家電製品

Surface Laptop2を買ったよ、ただし妻が!

Surfaceと言えば、Microsoftが作っているノートパソコン的なアイテムである。

元々はタブレットタイプのアイテムだったんだけど、このラップトップというのは完全にノートパソコンそのものである。

スポンサーリンク

Surfaceってどんなアイテム?

Surface Proがスゴイ!

iPadが登場したことで、一時期、タブレットは一斉を風靡した感があった。

個人的にも触ってみたが、なかなか優れたタブレットという印象がある。ただ、これを流行に乗って飛びついた人は、直ぐに使わなくなったと言われている。

何故かというと、タブレットって良くも悪くも中途半端なんだよね。

ともあれ、「タブレットをわが社でも」ってなことで、Windowsもタブレットを作り始めたのだが、これがiPadに輪をかけて中途半端だった。

色々理由はあるのだけれど、デスクトップと連係できるというところがウリだったのに、Windowsタブレットは専用のOSが必要となって、結局、WordもExcelも使えなかったのが敗因だったのだと思う。

そんな訳で、Widows10が動くタブレットを!というコンセプトで登場したのがSurface Proである。

これの良いところは、ちゃんとタブレットとしても使えることである。

ただ、注意したいのは、蓋にもなるキーボードや、タッチペン、マウスは全て別売りだからね!

Surface Proの凄いところは、Windowsの起動が凄く早いということなのである。まあ、SSDを積んだ上に8GBのメモリを積んで、Windowsの動作に最適化されているからなんだけどさ。

Surface GOが出た

ところが、このSurface Proだと案外重いし持ち運びに不便だってな話が出てきた。そりゃそうだ。Surface Proは12.3インチのディスプレイで、置いて使うにはOKだけど、タブレットとして使うには問題があるサイズだ。

そんなわけで出したアイテムがGoである。

ディスプレイの大きさは10インチに抑えて、持ち運びの方を重視したアイテムだ。

残念ながらキーボードが小さくなった分、ノートパソコンとしての使い勝手は悪く無っちゃったのだけれど、とにかく外に持ち出そうというアイテムとしてはかなり優秀だと思う。

Surface Laptop2はほぼノートパソコン

で、我が家ではこうしたアイテムを買わずに、Surface Laptop2を購入した。

まあ、他社のノートパソコンと比較して決めたのだから、ほぼノートと言われても仕方が無いのだが、キーボードも外れないし、ノートパソコンと理解して差し支えない。もはやタブレットから出発した辺りから自分自身の在り方を見失っちゃったアイテムといって良い。

でも、他のノートと比較しても使い勝手は悪く無いと思うよ。

USBの差し込み口は1つしかないから、ちょっと困ると思うんだけど、ディスプレイは13.5インチで、ちょっと小型のノートパソコンという感じである。

この手のハブを用意してあげると色々と都合が良い事が多いだろう。あとは外部接続用のHDDである。

あとはSSDだと容量的に問題があるので、外部記憶メディアとして、ポータブルのHDDを買っておくと良い。最近はポータブルSSDも増えてきたけど、まだ割高な印象だ。

お財布と相談だろうけど、僕は未だHDDでイイと思っている。

WindowsにOfficeがついてくる

流石にマイクロソフト御禁制ってことで、Officeが最初からインストールされている状態である。

ノートパソコンを買ってOfficeが無い、なんてケースは殆ど無いから当たり前だと思われるかも知れないけれど、Officeの起動も恐ろしく早い。

この辺りのチューニングはしっかり行われている印象だ。

使う上で起動時間が早いことは、メリットが多い訳で。そういったことを踏まえて行くと、なかなか魅力的なアイテムではある。

ただ、どうやって使うかを考えてProかGoかLaptopかを選ばないと、快適に使えない事もあるので、そこはしっかり考えておこうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました