小学生のスポーツをサポートする食事を考える。大切なのは食べるものと時間

その他

「部活は悪」という風潮が蔓延していてビックリしているのだが、かつてほど盛んにスポーツが行わなくなった、小学生・中学生。

彼らにとって部活は「悪」なのか、という疑問は尽きないが、実際に部活を指導している側の状況を見ていると、なかなか「頑張って続けてくれ」とは言いづらい気がする。

小学校に部活動? 全国の実態に迫る 名古屋市における「廃止」の決定から部活動の未来を考える(内田良) - Yahoo!ニュース
名古屋市が、小学校の部活動を、2020年度限りで廃止する方針を決めた。「小学校に部活?」と不思議に思った読者もいるだろう。じつは小学校の部活動の全国的な実態そのものが、ほとんど明らかになっていない。

そもそも一部地域でしか小学生の部活なんてものは存在しないというのは、僕にとっては衝撃の事実なのだけれど、ここでおっさんの昔話を始めても仕方が無いので割愛させて頂く。

部活をやらないんだったら、小学生のスポーツというのはどこで?という疑問が出てくるワケだが、どうやらその受け皿として想定されているのが、地域のスポーツを行うクラブチームということのようだ。

息子はサッカーをやっているのだけれど、「上」を目指す所までは彼の目は向いていなくとも、続ける意思はあるようで。

スポンサーリンク

上達するために身体を作れ

魔法の食事はありません

前置きが長くなったのだけれど、息子のサッカーを応援する場合、技術を知らない親としてできる事はそれほど多くない。

送迎や勉強のサポートは重要だが、彼にとって勉強の重要性はなかなか理解出来ないらしく、「勉強しろ」というのはNGワードになっている。

じゃあ、というとやっぱり食事のサポートだろう。ただ、どんな食事が良いかと言えば、やっぱりバランスの採れた食事である。

木霊:こだま
木霊:こだま

だから、朝食はしっかり食べろ、な。

むすこ君
むすこ君

はぁ~~い

絶賛反抗期中の彼にとって、その言葉は届かないことが多いが。

アスリートにとっての朝食の役割と摂り方 | スポーツフード資格取得検定講座
アスリートにとっての朝食の役割と摂り方 - 通信教育講座・資格の諒設計アーキテクトラーニング

特に朝食を食べないことは、彼にとってはマイナスになりがちである。理想を言えば、ご飯と味噌汁を両方食べていくことが良いのだが、夜遅く寝て、翌朝はギリギリまで寝ているという生活を繰り返す彼にとっては、宜しく無い傾向だね。

夕方から夜にかけての全身運動

寝る前にだらだらゲームをやって漫画を読むパターンで、特にゲームをやっていると睡眠の質に問題が出てくる。

ブルーライトは睡眠の質を悪化させたり、寝付きを悪くさせたりと、良い事はない。

体内時計に影響する「ブルーライト」 | 健康・医療トピックス | オムロン ヘルスケア
体内時計に影響する「ブルーライト」のページです。健康な毎日を送るために。専門家によるコラムなど、さまざまな健康情報をご提供します。

適度に運動して疲れておいた方が、子供達にとっても眠りに誘導する意味では良いのである。ただ、じゃあ、いつ勉強をすれば?宿題はいつ?という話になってしまって、そこは本人の意識の問題なのだが、家に帰って直ぐに片付けておくことが望ましい。

オススメのトレーニングは、ジョギングやウォーキングなのだが、適切な環境があるかというとなかなか難しい。

そこでオススメなのが縄跳びである。

個人的にはアシックスのシリーズがオススメである。子供達も使っていて、割と使い易いようだ。

就寝前には、ヨガやストレッチを

さて、寝る前30分程度は、身体をリラックスさせるのが良いため、ヨガがオススメなんだそうだ。僕はやったことが無いけど(汗

ただ、どちらかというとアスリートにとってストレッチは非常に重要になってくる。身体の柔らかさがパフォーマンスに大きく影響するからだ。

初心者にもおすすめ!全身を柔らかくするストレッチメニュー | VOKKA [ヴォッカ]
「前屈しても上体が全然前に行かない」「開脚しても足が90度以上開かない」など身体の固さを実感されている人は多いのではないでしょうか?でもなんで近年柔軟が注目を集め、実践する人が増えているのかよくわからないと思います。今回はそんな柔軟初心者の人向け、柔軟のメリットとストレッチメニューを紹介します。

身体が柔らかくて損をする事はない。

水分もしっかりとっておこう。

練習前には必ずエネルギーの補充を

さて、ようやく本題なんだけど、スポーツをする上で大切なのは「バランスの採れた食事」であることは間違いがない。

ただ、食事を採るタイミングも大切で、スポーツを始める1時間前から30前ごーるでんたいむくらいの間に、炭水化物を中心としたエネルギーの補充をしておくことが望ましい。タンパク質も大切、ってなことで、鮭おにぎりやにくまんなどがオススメらしい。

ゼリータイプのものは夏場などに便利だ。

最近はこの手のアイテムも増えてきて、保存が出来て便利だ。常備しておくと、軽食を用意出来ない時に使える。

運動後は30分以内に

あと、運動後はやっぱり炭水化物と果汁100%の柑橘系のジュースが良いとのこと。

こういう商品もある。

子供達の好みもあるので、何が良いか?というのは難しいトコロだが、子供の身体を作る、というのは親の責務によるところが大きいことは理解頂けると思う。

……頑張らないとね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました