WordPressのテーマをSimplicity2からCocoonに引っ越ししてみた

改造

さて、WordPressを使ったブログということで、ここに引っ越しをしてきたのだけれど、最初に使ったSimplicity2の同じ作者が作ったCocoonが使いやすい!ってことで、引っ越ししてみることにした。

スポンサーリンク

なぜCocoonなのか

最初に選んだSimplicity2

未だに多くのユーザーが使っているSimplicity2は優秀なテーマなのだと思う。

色々と手を加えてみたけれども、使い勝手もなかなか良いと感じた。

こちらにその手順を紹介しているのだけれど、十分に満足できるテーマだと思う。

Cocoonに移行した理由

実は、ロリポップで運用しているブログはもう1つあって、そちらは別のテーマを使ってみようという気になっていた。

だから、同じ作者が新しく作ったCocoonというテーマを使ってそちらのブログを始めて見たのだけれど、これが結構良かったのである。

流石にSimplicity2の使い勝手はそのままに、カスタマイズ性は更に上がっているという素晴らしさ。

ついでに言うと、サイトの表示速度も上がっちゃうと言う設計なので、良いことずくめなのだ。

で、2つのテーマを使い分けていくのが面倒になってきたので、ここいらでCocoonに統一していこうというのが今回、こういった選択をした理由である。

Cocoonのインストール

まずはCSSを保存しておこう

テーマのお引っ越しをする前に、カスタマイズした「Style.css」の保存をしておきたい。

「外観」>「テーマエディター」と移動して「Style.css」をテキストファイルに保存しておく。

たぶんCocoonには基本設定で色々と備わっているので、全てコピーする必要は無いとは思うのだけれども、取捨選択すれば良いので取りあえずは全部持ち出しておく。

Cocoonのテーマ、子テーマをインストールする

で、インストール開始だ。

Cocoonテーマをインストールする方法
WordPressにCocoon親テーマと子テーマをインストールして利用するおすすめのインストール方法です。

インストールの手順はこちら。

Simplicity2の時もそうだったし、作者も推奨しているのだけれど、Cocoonもテーマと併せて子テーマをインストールしておこう。

割と簡単である。

アクセス解析のコードを入れる

新しく採用したテーマのCocoonは、「Cocoon設定」というのが新たに設けられている。

これがCocoonの優秀なところなのだが、カスタマイズがこのおかげで随分とやりやすい形になっている。

で、「Cocoon設定」の「アクセス解析・認証」のところを選んで欲しい。

こんな感じの画面になっている。「アクセス解析・認証」のところは、最上段真ん中あたりのタブだね。

下にスクロールしていくと、Google Analytics設定というところがあるので、ここにトラッキングIDを入れていこう。

Google Analyticsでアクセス解析する方法
Google AnalyticsのトラッキングIDをテーマに登録する方法です。

なお、Cocoonの作者わいひらさんのサイトで詳しく解説されているので、参考にして欲しい。サーチコンソールに関しても同じだ。

Google Search Consoleに登録する方法
Google Search Console用のサイト認証タグを表示させてサイト登録を行う方法です。

SEO対策としてこれらの設定をやっておいて損は無いと思う。

Analyticsは、集客分析ができるし、サーチコンソールはサイト内の分析ができる。AnalyticsとSearch Consoleの違いは、Analyticsがサイトに流入してくるルートを分析するのに対して、Search Consoleはサイト内部の状況を詳しく知ることができる解析ツールである。

設定しておくべきだと思うよ。

細かい設定は、また、備忘録的に記事にしていきたいと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました