キッチンスクレーパーを使おう

キッチン小物

かつてキッチンアイテムとして凄く重宝していたキッチンスクレーパーなのだけれど、数日前に「もう古くなったから」と妻に捨てられてしまった。

調べてみたら2013年に購入していたので、随分と長い間使っていたことになるねぇ。とはいえ、一時期は引き出しの奥底にしまわれていたのだけれど。

こんなナリでも大活躍だよ?もう一度買わないと!

スポンサーリンク

食器を洗うのに

スクレーパー自体は色々な形のものがあるので一概にこれがよい、と言う話は出来ないのだが、食器を洗うのであればシリコンのスクレーパーが良いだろう。

食器洗いが進化する

カレーやシチューの残り、或いは食器に残った残飯など、意外に食器の表面に食べ物のカスがくっついていることは多い。

流石にカチカチになったご飯などは無理だが、乾く前ならさっとこれで刮ぐだけで、随分と食器洗いが楽になる。

でも、僕は便利に使っているんだけど、妻は「殆ど使わない」とか言ってたな。

水道代の節約にも

以前はキッチンペーパーなどを使っていたのだが、勿体ないし何枚か使わなければならないので面倒である。

だが、シリコンゴムのタイプのスクレーパーを使えば、さっと擦るだけでお皿の表面から食べ物の残りカスをこすり取ることが出来る。お皿はこれだけで綺麗になる。後はさっとひとすすぎすればOKだ。洗剤も少なくて済むし、使う水も少なくて澄む。

スクレーパーには色々な形状のものが出ているが、使い勝手がよい好きな形状のものを選ぶと良いと思う。選ぶ目安は、お皿の凹みに沿った形状になったものが良い。上に紹介しているペンギンスクレーパーは、丸い部分がちょうど良いので結構お勧め。

後はまな板の水切りやシンクの掃除などにも大活躍。まな板の掃除には、かまぼこ型のスクレーパーがお勧めだ。2~3枚用途別に用意しておくと使い回すよりは清潔かも?

コメント

タイトルとURLをコピーしました