PS5発売のニュースとその概要、待望の発売は2020年末か?

商品紹介

偶にはニュースでも扱おうか。

我が家にあるのは任天堂Switchなのだが、そこそこ面白いゲームが揃っている印象ではある。

ただ、もともとコアなSonyファンだった僕としてはPSの動向は気になってしまうのだ。

次世代機の名称は「プレイステーション 5」!2020年末商戦期に発売決定
 ソニー、インタラクティブエンタテインメントは10月8日、次世代コンソールゲーム機の名称が「プレイステーション 5(PS5)」であることを発表し、2020年の年末商戦期に発売することを明らかにした。

2020年の年末に間に合うように発売されるとアナウンスされているが、その概要はよく分からない。今明らかになっている仕様はこんな感じだ。

【コンソールゲーム機本体】
超高速アクセスが可能なカスタムSSD搭載
AMD社製カスタムチップ搭載
 CPU:x86-64-AMD Ryzen “Zen2″,8cores/16threads
 GPU: AMD Radeon RDNA (Radeon DNA) -based graphics engine
 3Dオーディオ処理専用ユニット
ゲームにおいて最大8K解像度出力まで対応
プレイステーション 4タイトルとの互換性実現に向けた設計
PlayStation VR対応
【コントローラー】
ハプティック技術搭載
L2・R2ボタンに抵抗力を感じさせるアダプティブトリガーを採用
【物理メディア】
Ultra HD Blu-ray
ゲームディスクとしての容量は100GBに

「GameWatch」より

ふーん、眺めてみてもよく分からないな。

スポンサーリンク

進化する部分

現行モデルより早くなる

プレステの現行モデルはPS4で、ブルーレイを搭載したモデルとしてそれなりに優秀だった。

PS5でもCPUはPS4に引き続きAMDの製品を利用するようだ。PS4でもAMDのカスタムCPU、GPUを利用してきているので、これの延長線上にある技術だと考えれば良いだろう。コストダウンのためにPS4で2基積んできたCPUを1基にする可能性はありそうだが、技術が進んでいるので性能がアップすることは疑う必要は無いだろう。

より美しく

そしてPS4ではProが4Kに対応してきたのに対して、PS5では8Kに対応してくる点でも変わる。それに応じたグラフィック性能を搭載することは間違いなさそうだが、PSの伝統であるグラフィック偏重の傾向はより高まる可能性もあるので、これが良い事なのかどうかは微妙な感じだ。

大抵の場合、グラフィックが美麗になるとそれに応じた開発費を必要とするので、ゲーム自体は面白味が無くなってしまう傾向にある。

ゲームの起動は高速化

そして面白いのはSSDをカスタムして搭載する予定になっている事だ。

タダでHDDがSSD並みに高速化!Ryzen&X470の「StoreMI」検証結果
AMDのX470チップセットのマザーボードなら無償で利用できるストレージ高速化技術「StoreMI」を試してみた。
SSDを使ってHDDの体感性能を向上させるソフト「FuzeDrive」が,AMDだけでなくIntelプラットフォームにも対応
 SSDとHDDを組み合わせてストレージアクセスを体感的に高速化するEnmotus製ソフトウェア「FuzeDrive」。従来はAMDプラットフォームのみの対応だった本ソリューションだが,今回,Intelプラットフォームでも利用できる「FuzeDriveforDesktopPCs」が加わったので紹介したい。価格は39.9...

この辺りの記事が参考になると思うが、SSDの価格低下はそれなりに進んでいるけれども、まだまだ大容量のHDDの方がコストが安いので、SSDとHDDを組み合わせて早くしようという技術が開発されている。

PS5もこの辺りの技術に近いモノを採用することが予想される。PS4ではHDDの容量が500GBとか1TBとかといったラインナップになっていたが、PS5ではSSDを採用する事になったようだ。HDDの大容量化はゲームデータの大容量化の弊害なのだが、グラフィック性能が強化されたことでPS5では更に大容量のデータが必要となると予想される。

しかしSSDを利用する事で、HDDの足枷であるシークタイムを無くして、データの読み込み時間を劇的に短く出来るので、これまでとは異なり、シークタイムに足を引っ張られること無くデータのやり取りが可能となる。開発者によれば、この事でゲームに使うデータ容量が減らせるとのこと。実際に「ロード時間の概念が無くなる」と言っているので、かなり改善されるだろう。

なお、光学ディスクにはUltra HD Blu-rayを採用するようだが、この辺りの最新の映像再生機能を備えるのはプレステの伝統だな。

コントローラーの進化

PS4でもコントローラーはそれなりに進化していた。

ワイヤレスのコントローラーで、充電して使うタイプとなっていたが、PS5でも字多様なコントローラーが採用される模様。

ただし、振動させる技術を進化させて、状況に応じた振動を作り出せるような仕様にする模様。L2、R2ボタンも「アクティブトリガー」と呼ばれる、重さを変えたり振動したりする技術を使うようで。

コントローラーは高くなりそうだな。

あと、音響についても大きな変革があったという情報が報じられているが、具体的な事はよく分からない。

今が買い時?PS4

というわけで、PS5のニュースが発表されたのだが、お目見えするのは来年の年末の話。

「プレイステーション 5」 2020年の年末商戦期に発売 | PlayStation.Blog
「プレイステーション 5」 2020年の年末商戦期に発売。

今のところはPS4で満足しておくのが良さそうである。

何しろ、PSの伝統としてPS4とPS5の間で互換性があるというのは、あまり期待できそうにないからだ。

PS5の気になるポイントをソニーに直撃! PS4互換は検証中。Ultra HD Blu-rayの再生&新コントローラーの詳細も - ファミ通.com
2020年年末発売予定であることが明かされたプレイステーション5について、気になることをソニー・インタラクティブエンタテインメントに直撃!

なお、公式には「互換は考えている」と含みを持たせた発言が出ている。しかし、この問題はいつの時代でも指摘されてきたことで、前世代機との互換性を次世代機に持たせると、次世代機の性能の足を引っ張る可能性が高い。したがって完全互換というのはかなりハードルが高くなる。あまり期待をするべきでは無いだろう。

だとするとPS5のソフトが出揃うまでは、未だ未だ時間を要するだろうし、今のうちにPS4を買っておくのもありだろう。

特にこの手のゲームソフトとのバンドル品は、コストパフォーマンスが高くてオススメである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました