糊(のり)を使うなら、消えいろPITが便利糊

文具

ネタ切れ、と言う訳では無いのだけれど、再び糊の話題だ。別に糊好きとかそういうワケじゃ無いんだが。

ご存じの方は多いと思うけど、この糊、便利である。

スポンサーリンク

色つきのスティックのり

色つきで、乾くと透明になる

なんて事はない発想だと思うんだけど、このスティックのりには色がつけてある。

乾くと、透明になる色つきスティック糊。

それで何が便利かというと、紙に糊付けをしたときに、何処に糊が付いているのか一目瞭然、という点だ。

接着力がそれなりに強いのも嬉しい。細い奴もあるよ!

スティックのりは固形タイプのノリで、使いにくいという人もいるので万人にオススメは出来ないと思うんだけど、スティックのりを愛用する人であれば、是非とも、という商品だ。

コレを使い出したら、昔から販売されている白い糊には戻れない。

細身タイプは何に使うかというと、細かい作業に向いていて、一面、太いので塗って、縁だけこの細身を使って塗るとか使うと便利に塗れる。

角とか、はがれやすいところも、コレでピッタリと貼れるのが嬉しい。

そうそう、細身単体でのりづけしようと思うと、あっという間になくなってしまうのでご注意を。  

広い面をのり付けするならこっちが便利だね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました