カメラを快適に使う為に一脚を買おう!

カメラ関連

皆さんは、カメラやビデオに使う三脚はどうやって使っているだろうか?入学式の季節を迎えて、カメラやビデオを使う機会も増えると思う。

ただ、 僕も安価な三脚は用意したけれど、三脚が使えるシーンというのは意外に少ない。

そこで、三脚の代わりに一脚はどうなんだ?というお話。

スポンサーリンク

一脚の何が良いの?

お試しは、取り敢えずや吸い物でOK

入門機にどれ?という話になると定番はこちら。

1500円以内くらいの値段設定がされているので、試しに使ってみるのであれば手が出しやすいよね。重さは370gで持ち運びに便利なケース付き、4段伸縮タイプ。最長1700m、縮めた長さが545mmと、持ち運びにもコンパクトである。

ただ、雲台を取り付けることは出来ず、直付けする形になる。

最近はもっと安いのも出ているけれども。

この辺りでお試ししてみるのはアリだろう。

ベルボンの一脚もオススメ

ただ、価格的にはベルボンの一脚もそれほど高くは無いのが、悩ましいところ。

自由雲台付きで、3,000円弱という激安価格である。ケース付きで4,000円弱である。

重量は360gで、5段伸縮タイプ。全高が1500mmで縮めた長さは430mmだ。サンワサプライのとの違いは、自由雲台が標準で付いていて角度を変更することが可能である点だ。

マンフロットの一脚

同じ価格帯で、マンフロットも一脚を出している。

マンフロットの一脚のメリットは、一脚にストラップが付いている点だ。重量は330g、5段伸縮タイプで、最長が1455mmで縮めた長さは390mm、そして、何と言ってもマンフロットの雲台が使える!

え?一脚よりも雲台の方が高い?

何言っているんだ!!当たり前じゃ無いか!!

……でも僕には買えません。

そんな訳で、もうちょっと安いものを物色するのだけれど、ハッキリ言っておくと雲台はちょっとお高いものを買っておいた方が良い。

何を選んだら良いの?

手軽に扱えるのが良い

三脚と違って、一脚は手軽さが一番重要になってくる。

取り敢えずはこの辺りで良いだろうか?

値段からすると先ほど紹介したこちらでも良い気はするのだが、クイックシューが必要かそうで無いか?で判断は迷う。例えば、ビデオカメラと、カメラを使うよという様な感じ。或いは、三脚と入れ替えたりすると言うようなケースであれば、クイックシューがあった方が便利である。

とはいえ、軽さを追求するのであれば、クイックシューの機構が付いているだけで重くなるので、割り切って考えるのはありだ。

値段とのバランスも大切だが、軽さを求めて行くのであれば、もっと軽くて小さくなるヤツがある。

でも、入門機として考えるには少々お高い。

持ち出したは良いが、殆ど使わないなんて事も考えられるだけに、一脚を使うシーンを理解してからでも、この手の製品に手を出すのは遅くないと思う。

カーボン製で段数が多いので小さくなるという利点があるので、買うメリットは多いと思うけれど。

軽さとのバランスで考えるなら

カーボン製のものに手を出すほどでは無いけれど、それなりに軽さを追求したいのならばコレかな。

8段で伸縮できるので、260mmまで縮める事ができるスグレモノだ。

一脚で小さく縮められるというのは非常に大きな意味を持つ。

三脚を持ち歩くのはちょっと億劫だけれど、手ぶれを抑えて撮影したいというシーンは結構ある。そんな時に、この携帯性は侮れない。

でも、雲台とか色々追加で買わなければならないものがあるので、いきなりここに行くのもなぁ……。

入れ物も

必要に応じてケースも買うと良いと思う。

あれば便利、という話なんだけれど、持ち歩くにはケースがあると便利なのは世の常である。

このベルボンのケースは地味だし、結構イイネ。

さてさて、じゃあどんなチョイスが良いだろう?ということなんだけれども、パターンとしては2つかな?と。ちなみに今回はベルボン推しだが、SLIKも結構イイモノを出しているから、オススメである。

オススメ構成1

取り敢えずお安く行くぜ!と言う方にはこちら。

はい、この2つの組み合わせの理由は、やっぱりお値段である。4,000円も出せばお釣りが来る構成だ。

クイックシューの方は諦めて貰うしか無い(雲台分離は不可)が、5段伸縮できるので小さくなるのもオススメの理由だ。

オススメ構成2

もう一つのパターンはこちら。

この組み合わせで、1万円弱である。クイックシューありで、シューを買い足せば複数の基材と一緒に使える点は良いと思う。ただ、段数が4段で若干長めになる点がネックかな。短縮して510mmで、これに雲台を加えるとどうしても長くなりがちである。

もちろん、もっと短縮できるヤツを選べば良いのだが、お値段とのバランスも考えなければならないので、なかなか難しいね。このオススメ構成2はその辺りのバランスを考えたチョイスである。

オススメ構成3

構成2と似ているんだけれど、メーカーも当然、考えてくるわけで似た構成でのセットが売られている。

若干、足の径が細くなるのが気になるのだけれど、価格としては構成2と似たような金額になる。もちろんクイックシュー付きだし、一脚ケースも#57が使える、つまり短くなる点は嬉しいところ。まあ、この辺りは好みによる部分ではあるが、より太いものもラインナップされているので、その辺りを考慮して選ぶべきだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました