廊下に常夜灯を追加したから、子供が夜中にトイレに起きても安心

その他

夜、子供達がトイレに起きる事がある。

だが、我が家の廊下は暗く、電気のスイッチも結構不便なところにある。これは設計ミスだったかなと。素人考えで設計したものだから、所々に考えが足らなかった部分が出てきたり、当初予定していなかった暮らし方をしているのが影響していたりと、家を作るのはなかなか難しいものだね。

そんな我が家の悩みの1つを解決したのがコレ。

今、話題になっているLEDを利用したライトである。コンセントに差し込むだけでOKなので、設置場所にも困らないよ!

ただ、コンセントの1つが使えなくなってしまうというデメリットはあるんだけど。

スポンサーリンク

廊下の設計と電灯の位置

常夜灯は設置した方が良い

本来ならば、家の設計時点で足下を照らすライトを設置すべきだった。

しかし、僕が家を建てた時期は、まだLEDライトは出始めたばかりだったし、高価な上に設置にあたっての制約が多かったのである。

この手のアイテムがもっと出回っていれば、積極的に考えたんだけどね。

こんな感じの間接照明を付けることも検討したんだけど、なかなか施工するにはハードルが高かったんだ。

トコロがこういった形であれば、割と簡単にやれるんだよね。

後付けの常夜灯

家ではパナソニック電工の商品を多数利用している。

調べて見ると、家を建てた当時にもこの手の情報が色々あったので、もっと勉強が必要だったと反省しきりではあるのだけれど、間接照明はもう少し真剣に考えるべきだったなぁと。

そんな悩みを解決してくれたのが、ELPAのLEDセンサー付ライトである。

この商品のポイントは、以下のようなモノだ。

  • 暗闇で人に反応し自動点灯します。
  • 用途に合わせて、2色の明かりが使えます。
  • コンセントに差し込むだけで使用可能です。
  • 安全安心の耐トラッキングカバー付

個人的に良いと思っている点

2色の明かりで照らしてくれる

常夜灯としてはオレンジ色の明かりで薄暗いながらも(アンバー色LED×1灯)照らし続け、人が近くに通りかかるとセンサーに反応して白色の明かりで明るく照らす(白色LED×2灯)という仕様になっている。

別の会社のものではこんなアイテムもあるので、参考にして欲しい。これも良さそうだけど。

明暗センサー動作照度

もう一つは、明暗センサー動作照度:約5 lx以下という点だ。

オレンジ色の常夜灯は、日中は点かずに暗くなると点く仕様なのだが、意外に暗くなるまで点灯しない。それでも、雨の日など日が差さない日中だと、時々点いていることはあるようだ。

だが、条件が悪くなければ一日中点灯しているようなことはなく、日没後くらいに点灯するのが常のようである。

無論、これは設置状況に寄るわけで、誰の家でもそうだ、とは言えないのではあるが、5lx以下に設定されていれば大抵の設置場所で日中は点灯しないことになるだろう。

本当なら、この照度が調整できると有り難いのだけれど……、それは価格との相談になるので難しいのだろうな。

耐トラッキングカバー付

商品の性格上、コンセントに差しっぱなしになる。

トラッキング事故は、差しっぱなしのコンセントの接続部に埃が溜まって火がでる事故なのだが、これを防いでくれるのは有り難い。無論、絶縁物質による黒っぽいコーティングがしてあるだけなので、コレに頼らず時々掃除すべきではあるが、無いよりはあった方が嬉しい。

難点

難点があるとすれば、デザイン上の問題だろうか。

少々野暮ったい感じのデザインなので、形が気に入らない人は論外だろうし、構造上、コンセントから出っ張る形になるので、上に挙げたホーム保安灯のようなスマートさは期待出来ない。

据え置き型ならば、この手のアイテムも良いよね。

とはいえ、あると無いとでは雲泥の差なので、取り敢えず、という方にはぴったりだろう。

我が家の不満もコレで解消され、4歳になった息子が夜、トイレに起きる事が時々あるが、困る事は無いそうである。

尤も、ハイハイをしている次男がコレに興味を示して、すぐに触ろうとするのが目下の所の悩みではあるが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました