中華鍋が便利!

調理器具

我が家で毎日のように料理のシーンに登場するのが中華鍋である。

[itemlink post_id=”686″]

このように鉄の柄のものの方が良いのだが、鉄の柄のものは扱いが面倒な点があり、我が家では木の柄の中華鍋を使っている。

[itemlink post_id=”687″]

便利!

スポンサーリンク

中華鍋の何が便利なの?

中華鍋は料理の色々なシーンで使える。

火の通りが均一に

一番多いのは炒め物だが、鍋底が丸くなっていることで材料を混ぜやすく、火を均一に通すにはもってこいだ。チャーハンなどには大活躍だよね。

[itemlink post_id=”683″]

このタイプは、両側に持ち手の付いているタイプなのだが、鍋つかみなどのアイテムを駆使して料理をされる方には便利である。収納する場合にも持ち手がじゃ名になるって事がないかっらね。

[itemlink post_id=”688″]

ただ、持ち上げたり、あおったりする場合には、片手の持ち手が付いているタイプが良くて、木の柄が付いているタイプであれば、鍋つかみやミトンといったアイテムを使わなくても良い。

テフロンにさようなら

中華鍋は基本的に鉄製でコーティング無しのタイプが多い。

だから、良くあるテフロンコーティングのフライパンなどとは違い、お手入れは少々面倒である。でも、慣れたらむしろ便利なんだけどな。

一般的に、テフロンコーティングやシルバーストーンコーティングといった、金属にコーティングしてあるタイプのフライパンは、焦げ付きにくいとされている。

一方で、鉄製のフライパンは直ぐ錆びるし、焦げ付くし……、というそこの貴方!使い方が悪いんですよ!(笑)

最初に「儀式」をしてあげて、使い終わってからお手入れするという一手間をかけるだけで、むしろコーティングしてあるフランパンよりも焦げ付きにくいフライパンに大変身!

鉄の中華鍋を使い始めるときの儀式

えーっと、「初期化」とかいう人もいるんだけど、まあ、儀式といった方が分かり易い。

簡単にその手順を説明しよう。

空焼き

まず、鉄鍋の類ならば、購入した後にする儀式がある。「空焼き」である。

鉄のフライパンならば、鋳物や表面にコーティングしたものでない限りは、この初期化作業をしてやる必要がある。

購入したてのフライパンにはさび止めのための皮膜が施されている。これを焼き切るのが「空焼き」という作業である。

  1. 買ったばかりのフライパンのラベルなどを剥がす。
  2. 何も入れない状態で、強火にフライパンを掛けてやる。
  3. 「空焼き」が始まると、フライパンの色が変色していく。
  4. 若干煙のようなものが出てくることもあるが、とにかく変色しきるまで加熱を続ける。(小さいフライパンなら2~3分程度で終わる)
  5. 放置して自然冷却する。こうして、表面に酸化皮膜が出来上がる。
  6. 手で触れるほどの温度になったら、フライパンに油を入れてやる。油の量は大さじ1~2杯程度で問題無いと思う。
  7. 油が入った状態で、弱火で5分程度。じっくりと油をフライパンの中で回すようにして油ならしをする。酸化皮膜の中に油が浸透することで、焦げ付きにくくなる。
  8. 加熱が終わったら、油は調理に使ってもOK

こんな感じの手順で、おとーさんはフライパンの初期化をする。深めの鉄鍋や中華鍋なども同じ手順でOK。ただし、テフロン加工など表面処理がしてあるようなものは強火で空焼きが厳禁だ。鋳物の鍋も空焼きは駄目なので、油慣らしだけして欲しい。

調理

炒め物は火力が勝負。だから、フライパンを熱して軽く湯気が出る程度になってからさっと油を入れてなじませ、手早く炒める、というのが鉄則である。

テフロン加工がされたフライパン等は、油を敷かずに調理が可能だけれどフライパンを熱する工程をやると、表意面皮膜が傷むので注意。

掃除

鍋が熱いうちに水を鍋肌に入れると、結構簡単にこびりついた汚れなども浮いてくれる。

これをささらでこそげ取ってやれば、簡単に掃除ができるので、調理終了後に手早くやってしまうことをお勧めする。中性洗剤などは使う必要は全くない。

[itemlink post_id=”690″]

しつこい汚れを落としたい場合は、鉄鍋に水を入れて2~3分煮てやれば簡単に汚れが落ちるようになる。

これでも駄目なら重曹の出番だが、ここでは割愛しておく。

[itemlink post_id=”691″]

水洗いが終わったら、火に掛けて鍋を加熱し水を飛ばす。最後に油を少し鍋肌に垂らして、キッチンペーパーなどで伸ばしてやれば完了である。

再初期化

基本的には上の手順で焦げ付くことは少ないけれど、それでもやっぱり使っているとこびりついてくるものはある。

そんなときは金属たわしでごしごしやれば、それなりに綺麗になる。

でも、それでも駄目なら再初期化すべきだ。

やり方は簡単で、汚れを可能な限り落としたら、「初期化」の手順2から順にやってやるだけでOKだ。

鉄のフライパンの魅力

そんな訳で、怖がらずに鉄のフライパンにトライ!

鉄の中華鍋を選ぶのであれば、山田製作所あたりのを購入するのがイイと思う。

[itemlink post_id=”686″]

中華鍋はホームセンターにも安いのが売っているのだけれど、プレス品よりもこの手の「打出」と謳われた商品を買うのが良い。軽いし、こびり付きにくい。

特に女性は軽さが重要になるハズなので、お試しあれ。欺されたと思って試して見れば、その魅力にキット気がつけるはず。

コメント

タイトルとURLをコピーしました