PCのキーボードは消耗品です

家電製品

僕のように仕事でPCを使う場合、一日中キーボードを叩いている。だから、キーボードのへたりも早い。

とはいえ、キーボードの寿命はハードな使い方をしても概ね3年程度に設定されているため、そうそう壊れたりはしないのだが、それでも特定のキーが入力できなくなったり、キーがおされっぱなしになったり、おかしな症状が出てくる事はある。

一番良くあるのは、キーボード表面に印刷されている文字が削れて見えなくなるなんてケースかも知れない。

そうなる前にキーボードを交換しておきたい。

スポンサーリンク

無線式のキーボードがオススメ

快適なワイヤレスキーボード

仕事で使われるPCは未だにデスクトップパソコンである事が多いと思うのだけれど、オススメしたいキーボードはUSBワイヤレスレシーバーを用いたタイプ。

その中でもぶっちぎりでオススメしたいのがロジクールのこちら。

その性能は「無難」の一言に尽きる。

むすこ君
むすこ君

褒めてないよね?それ

木霊:こだま
木霊:こだま

何を言う!万人にウケるキーボードとして「無難」以上の性能がどこに求められるというのか!!

むすこ君
むすこ君

いつもとキャラ違わない?

木霊:こだま
木霊:こだま

と、とにかく優秀なの

迷ったら、K270でイイと思う。

キーの反応も素直だし、キーストロークも十分あり、反応も悪くない。打感というか、キータッチに不満を感じる人はいると思うけれど、500万回のキーストロークテストに耐えているのは伊達では無い。単4電池2本で1年は余裕で保つから、電池交換の手間も少ない。

変な機能が付いていないシンプルさも魅力である。

姉妹機として設定されているこちらも、ワイヤレスでは無いけどオススメ。

次点で挙げるならマイクロソフトのこれかな。

流石マイクロソフトの製品でしっかり作られている印象がある。マウスとセット商品になっているので、ロジクールのマウスを使っている方は選択肢に入らないと思うけれど。

そうそう、ちょっと高くても良いならコレも評判が良い。

Amazon商品リンクショートコード内にASINが入力されていません。

1万円を超えるような製品なので、なかなか手が出ないのだが、「茶軸」「赤軸」「青軸」「黒軸」と4つのタイプが用意され、キーボードに拘る方には非常にオススメである。

有線式ならコレ

で、有線式のキーボードならば、となるともはやこれの右に出るものは無いかも知れない。

まあ、お値段がお値段だけに職場で「買ってくれ」というのはなかなか勇気が要るのだが、スイッチ寿命が5000万回以上と驚異的な数値になっているので、長く使えばお値段1/10のロジクールのキーボードと遜色ない値段ということに。

ただまあ、ロジクールのキーボードでも3年は余裕で保つので、30年も1つのキーボードを使えというのは、あまり現実的な話では無い。

でもそれを超えるような満足感があるので、マニア向けというか(汗

それでも毎日キーボードを触る職に就いている方には、オススメ出来るキーボードである事は間違いがない。テスト品を触ったことがあるが、吸い付くようなタイピングが出来るのは感動モノだ。多分、一度使ったら、二度と手放せないだろう。

Bluetooth対応のキーボードはデスクトップ用には不適

ワイヤレスのキーボードの中でもBluetoothで通信するタイプのキーボードがある。

コイツは僕も持っているのだが、正直微妙だ。

いや、タブレットに使う分にはかなり嬉しいアイテムではあるのだが、デスクトップ用となるとちょっと困る。

1つは微妙にキーボードでの入力が遅れること。もう1つはOSが起動してからしか使えない事だ。

OSに依存しない入力をするケースは滅多に無いのだが、しかし、そういうケースが発生した場合には別のキーボードが必要になってしまう。まあ、有線のキーボードは用意しておくに越した事は無いが。

最近は切替スイッチが付いていて、複数のメディア、デスクトップとスマホを切り替えて入力することが出来る。が、それを使うシーンも少ないんだよね。

そう考えるとBluetoothタイプのは無しかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました