ホワイトソース作りにハンドブレンダーを使った話

ハンドブレンダー

最近、何かとハンドブレンダーがが活躍しているのだが、特に書くことも無く。いや、うーんと思い返してみたら、そう言えば、ちょっとあったな。

WSkihongratin

そんな訳で、「記憶から絞り出した」割りには、最近の話を少し。

皆さんは、どんなホワイトソースを料理に使っているだろうか?

個人的にはハインツのホワイトソース缶が好きなのではあるが、ちょっと癖があるのと使い切りが難しいということもあって、最近は敬遠している。

いや、こういった小分けの商品の存在も知っているし、常備しておくと便利なのも分かるのだが、いざ、「無い」となると結構困る。それと、結構得体の知れない材料を使っていることもあって(ハインツの商品がそう、と言う話では無いのだが)、常備するのもちょっとというのが、個人的な感想ではあるが、僕のスタンスだ。
あれば使うんですけどねー。

スポンサーリンク

自作のホワイトソースはダマになりやすい

知っておいて損は無いホワイトソースの作り方

で、学生時代からホワイトソースは自作すると言うスタンスだったので、未だに缶詰などが無ければサクッと作ってしまうのだが、その作り方を簡単に。

<材料>
たまねぎ:半分
小麦粉:50g
バター:50g
牛乳:800cc

ペシャメルソース等とも呼ばれるが、フランス料理の基本なんだとか。
ともあれ、僕の作り方を紹介しておこう。
1.タマネギをスライサーでスライスして水にさらしておく
2.バターをフライパンの上に置いて加熱して溶かし、小麦粉を加えて練る
3.均等に混ざったところで、牛乳を少しずつ入れて伸ばしていく。
4.少し伸ばしたら、スライスしたタマネギを加えて伸ばす作業を続ける
5.牛乳を加え終えたら出来上がり
という感じだ。
スライスタマネギを入れるのは、ダマになりにくいからである。

タマネギが無いと困る訳で

ところが、先日、料理を始めた後でタマネギが見当たらないことに気がついた。
しかし、ホワイトソースは作らねばならない。

案の定、ダマになって大変な感じになった。妻ならこのまま料理に投入しちゃうんだろうけど、僕はこのままはちょっと遠慮したい。
そこで、ハンドブレンダーを使ったら?とか思ったワケだ。

救世主!ハンドブレンダー様!!とか思いながら、フライパンの上で、ガーッとはじめたんだけど……。
大失敗っ!

うう、なんでじゃー!!

後から考え直して見ると、考えられる原因は幾つかあったようだ。

知っておいて損は無いハンドブレンダーを使ったホワイトソースの作り方

で、ネットで調べてみると、同じような発想にいたる人はいるようだ。
以下、作り方。材料はタマネギ抜きで。上と同じだ。
1.バターをフライパンの上に置いて加熱して溶かし、小麦粉を加えて練る
2.均等に混ざって固まりになったら、火を止めてフライパンを火から下ろす(ボソボソの状態が良い)
3.深めの容器にバターと小麦粉を練った固まりを入れ、そこに冷たいままの牛乳を一気に加える
4.ハンドブレンダーを使って攪拌!
5.滑らかになったら加熱して出来上がり
……い、いい加減な(汗

しかし、この作り方は理に叶っていると思う。
何故ならば、失敗したときに見た光景は、粘度の高い小麦粉の固まりが、ハンドブレンダーのロッドの縁にこびり付いている状態。つまり、温めながら粘度が高い状態の固まりをハンドブレンダーでどうにかしようというのはNGなのである。

冷めた牛乳をバターと小麦粉の固まりにかける事で温度を下げ、攪拌することで粘度が高くなる前に一気に混ぜることで、均等に固まりが粉砕されて均等に混ざるワケだ。

牛乳は加熱すると凝固するので、冷めた状態でハンドブレンダーで攪拌しても、さらっとした状態の液体になる。そこから更に加熱することで、トロッとしたとろみの付いたホワイトソースに変身するのですな。

この方法だと滅多に失敗しないし、タマネギを必要としないのもGood!
まあ、タマネギ入れたところで、ハンドブレンダーで攪拌すると粉砕されちゃうんだけどさ。

欺されたと思って、一度お試しあれ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました