PV数を増やそうぜ!取り敢えず、キーワードプランナーを使ってみよう!

アクセス

さーて、ブログの引っ越しをしたらアクセス数が減っちゃったという話で、大変残念な状況になっているこのブログ。頑張ってアクセス数を増やしていかなければならない。

で、何するの?

木霊:こだま
木霊:こだま

えーっと、何からやったらよく分からないけど、「キーワードプランナー」とか良さそうだよ

ナニソレ

スポンサーリンク

キーワードプランナーはGoogleの有料サービス

無料で使える?

タイトルがおかしいよ!

木霊:こだま
木霊:こだま

大丈夫!間違ってない

さて、有料サービスなのに無料で使えるというのは、これ如何に。

取り敢えず、「キーワードプランナー」とは一体何なのか?という話をしておかなければならない。

実は、「Google広告」というGoogleの有料サービスの機能の1つが「キーワードプランナー」なのである。

「Google広告」は、クリック数に応じて支払いが発生するタイプのサービスである。割とキャンペーンをやっているので、試しに使ってみるのはアリだとは思うけれども、それはさておこう。

最初にやるべきは、下準備である。こちらのサイトに丁寧に解説があるので、参考にして欲しい。

【2019版】キーワードプランナーの登録方法|無料で使うGoogle広告 - Web活用術。
Google広告のサービスの一部であるキーワードプランナーを使えば、世の中の人がGoogle検索を使って、ある「言葉」が月間あたり、どれくらい検索されているのかを知ることができます。この記事では、Googleキーワードプランナーを無料で使うための登録方法について解説します。

えー、丸投げ?

木霊:こだま
木霊:こだま

うん、ちょっと準備を怠ってたから、キャプチャースルの忘れてたんだよね

準備のイメージを簡単に説明すると、「広告の設定」→「一時広告の停止」→「機能を使えるように設定する」といった手順になる。

広告を出している期間が短ければ、お金がかかることはない。

準備が出来たら使ってみよう

木霊:こだま
木霊:こだま

じゃあ使っていこう

【2019版】キーワードプランナーの使い方|検索ボリュームを調べる - Web活用術。
この記事では、オウンドメディアやブログ集客などで、アクセスを集めるキーワード戦略のためのGoogleキーワードプランナーの使い方を解説します。 まだGoogle広告アカウントを持っていなければ、「【2 ...

え?丸投げ?

木霊:こだま
木霊:こだま

面目ない

じゃあ、「キーワードプランナー」を使っていこう。

「検索のボリュームと予測データを確認する」を選ぶ。

ここに、適当なワードを入れてみよう。やり方は色々あると思うけれど、折角なのでGoogleさんにご協力頂く。

Googleで「子猫 エサ」で検索をかける。

検索すると色々出てくるワケだけれども、スクロールさせて一番下へ。

と、「検索キーワード」というのが出てくるので、ここのキーワードをコピペしてキーワードプランナーの「検索ボリューム」に入力するわけだ。

そうするとこんな感じの検索結果が。「過去の指標」というタブを選ぶとこうなるよ。

で、注目するのは「月間平均検索ボリューム」というところ。ここのボリュームが多い方が「良く検索されている」という事になる。

その上でその隣にある「競合性」のトコロに注目すると、「高」とか「低」とか出ているので、競合しないワードを選ぶと良い……、良いのかな?

ボリュームが多く、競合が高いところは、検索されにくくなると予想されるので、どう考えるかは難しい。案外、ボリュームが低く競合しにくいワードを選んだ方が良いかも知れない。

戦略次第、という事になると思うけど、目安になるのは事実だろう。

戦略を立てよう

さて、「キーワードプランナー」はキーワードとしてブログの中に埋め込む言葉の指標になるということは、コレで分かったと思う。

え?結局どうすれば良いの?

木霊:こだま
木霊:こだま

取り敢えず、「キーワードプランナー」で検索してみようか

まずは、検索して「検索キーワード」を拾ってみる。

ふーん、「じゅんいち ブログ」って、確か何処かで見たな。キーワードプランナーの使い方を説明されていたブログだと思う。

さておき、これで傾向が分かるので、早速「過去のキーワード」を見てみよう。

こうやって「月間平均検索ボリューム」の順番で並べてみると、2018と「使い方」という辺りでヒットしているね。

これは、2018年にレイアウトががらりと変わったということに理由があるようだよ。ちなみに2019年7月にもレイアウト変更があって使い方が変わっているから、注意が必要だね。

リンクを張ってあるブログは、それに対応しているので、参考になると思う。

200円というのは、広告費用の最低額設定の事だと思うけど、「キーワードプランナー」だけ使う分には、あんまり関係無い。設定は、後から変更できるしね。

「サジェスト」というのはウーバーサジェストという別のツールの事のようだね。

無料キーワード提案ツール UbersuggestでSEO対策
マーケティング戦略やコンテンツ作成に欠かせないキーワード候補を無料で提案。無料キーワード提案ツールUbersuggestなら、完全無料で提案数に制限なし。競合他社よりも上位表示されるコンテンツ作りのヒントが無料で取得できます。

こちらも次回試してみたい。マテ次回!

検索順位の高いワードを埋め込む

おっと、結論がまだだった。

で、「キーワードプランナー」を使って何をやれば良いかと言うことなんだけど、結局のところ、記事を書くのに使う「キーワード」を埋め込む参考にしようってな話なんだよ。

何でもかんでも書けば良いって話じゃ無く、検索されがちなワードを入れれば、ヒット率は高くなるんじゃ無いのかなという発想だ。

あとは競合が少ないワードを使うと、より検索され易くなるかもしれない。

まあ、そういった「戦略」を練るのに使おうね、というのが今回の話。

ふーん、で、続けられるの?

木霊:こだま
木霊:こだま

……やってみようとは思うけど、効果が出るかどうかは、やってみないと

……続けられるの?

木霊:こだま
木霊:こだま

続けないと意味が無いので、頑張りますよー

そういう事になった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました