ガラスキャニスターを使おう

キッチン小物

密閉の仕方

詳しくは公式サイトで!

WECKでは容器の密閉の方法として、「加熱」→「蓋をして冷却」→「クリップを外す」という流れで密閉する。

公式サイトの画像リンクを貼っておこう。

原理的には容器内を負圧にすることで、密閉しようって話なんだけど、これで結構しっかり締まる。

閉まった後で「クリップを外す」のには重要な理由がある。

実は、キャニスターの内容物が腐敗すると内圧が上がるため、クリップがハズしてあれば蓋が緩くなって外れてしまうのである。

こうなったものは口にせずに廃棄だ。合理的に考えられているんだね。

瓶詰め保存に向くものとしては、ジャムやソース。そして、ケーキなんかも容器内で焼いて保管、なんて芸当ができると言うからオドロキだ。

煮沸消毒もできる

ガラス製で100度くらいまでイケるので、キャニスター自身を煮沸消毒するのもOKだ。

まあ、耐熱ガラスじゃ無いので、いきなり水をかけたりするとパリンという事もあるかと思うのでご注意を。

こんな、グラスリフターというアイテムも用意しておくと便利だよ。

煮沸に便利なのが半寸胴鍋。これがあると料理にも使えるのでオススメなんだけど、これはまた別の機会に。

さておき、ガラスキャニスターを使って密閉保存すれば、食品は半年くらいは常温保存が可能だそうだから、なかなか優れた保存方法だと思う。開けちゃったら直ぐに食べないとダメだけどね。

このガラスキャニスター、揃えると採ってもオシャレに使える。一度お試しあれ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました