台風に備えて家庭用の発電機を用意したい

その他

さて、先日こんなニュースがあった。

自家発電機を購入していたおかげで助かった〜台風15号千葉被災地レポート

2019年09月16日 16:04

「東日本大震災のこともあったので自家発電機を買っておいたんです。そのおかげで停電になってもだいぶ助かりました」
そう話してくれたのは、台風15号により甚大な被害を受けた千葉の館山市でメガネ店を営業しているメガネサロンアシダ。

「Blogos」より

千葉県の長期にわたる停電で、色々と困ったけれど、自家発電機があったから助かったよーというニュースだ。

このニュースで紹介されている発電機はこちらだが、僕自身はもう少し高くても有名メーカーのモノを用意した方が良いと思っている。

ホンダの発電機とかね。

スポンサーリンク

何のための発電機なのか?

発電機があった方が便利

ところで、災害発生時に「電気がない」ことで困ることは何だろうか?

千葉県の例で考えると、大規模停電のお陰で「電灯」が付かない事や「テレビが見られない」ので情報を手に入れられない。「インターネットに接続出来ない」のでネットも見られない。

序でに、「スマホの充電が出来ない」とか、そういう話があった。あと、困ったのは「冷蔵庫が使えない」というモノだった。

電灯に関していえば、短期的には懐中電灯などを用意しておけば何とかなると思うが、千葉県のように1週間、2週間にわたって停電が続くとなると、懐中電灯などもあまりあてにならない。電池が切れちゃうからね。

そんな訳で発電機があると、充電が出来るよね、という話になる。

起電力と消費電力

で、最低限冷蔵庫を動かしておきたい、となると、何が必要になるのだろうか?

先ずは、400L程度の大きさの冷蔵庫があったとしよう。

エネルギー使用量420 kwh
性能・容量455 L
チルド室容積12 L
冷凍室定格内容積86 L
定格内容積(総容積)455 L
運転音20 db

冷蔵庫のスペックを見てみると、「エネルギー使用量」として420kwhという数字が書かれている。

これって、どんな発電機だと動くんですかね?

実は、冷蔵庫の消費電力の目安は250Wだと言われていているが、起電力は1000wと大きい。起電力というのは動かし始める時に必要な電力なので、1000w以上の出力がある発電機を選ぶ必要がある。

例えば、こんな感じの発電機である事が望ましい。

出力のところを見ると「1.6kVA [50Hz/60Hz] 」とある。高めのものを選んでおけば間違い無いだろう。上で示したシャープの冷蔵庫は100w程度らしいので、余裕だな。

インバーター機能は必要ですか?

なお、発電機にはインバーターを搭載したタイプのモノもある。インバーターが採用していると、PCなどに発電機を使えて便利だ。ただ、果たして災害時にPCを使うかどうかはちょっと怪しい。

スマホの充電だけであれば、これで事足りるからね。

よって、インバーター機能を求めるのは、「おまけ」程度に考えて置いた方が良いかも知れない。災害時にそれを求めるか?という観点から考えれば、インバーター機能に拘る必要は無い。あった方が便利なのは間違い無いのだけれど。

延長コードは用意しよう

そんな訳で、災害時に発電機があれば便利ではあるのだが、しかし、発電機だけあってもどうしようも無いというのが現実である。

例えば、延長コードなどは必須だ。

何しろ、発電機は屋外に置かねばならないので、屋内に電気を引き込む必要がある。コードが無ければどうしようも無いよね。

折角ならばしっかり備えておこう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました