ファイヤーTVスティックを買ったら、大人気

家電製品

今さらながらなんだけれども、ファイヤTVスティックを買った。

取り付けは非常に簡単だったけれども、まだまだ使いこなせていないのが現状である。

スポンサーリンク

取り付けはテレビのHDMI端子に挿し込むだけ

簡単な取り付けと初期設定

Fire TV Stick – Alexa対応音声認識リモコン付属

新品価格
¥4,980から
(2019/9/4 16:12時点)

Fire TV Stick 4K – Alexa対応音声認識リモコン付属

新品価格
¥6,980から
(2019/9/4 16:12時点)

取り付けはテレビのHDMI端子に差すだけでOK。あ、Fire TV Stickの本体にも電源コードを挿しておいてね。

そうそう、その前にWiFiの設備もしっかりと準備しておいてね。

この辺りがお手頃だとは思うけれど、堅牢性を狙うのであればNECの方がいいかな。

性能的にはYAMAHAを狙うのも良いかも知れない。

これらを使える様にしておかないと、何にも使えないのがFire TV Stickである。ご注意あれ。

使える様になった直ぐに動画が見られる

さて、環境を整えるのにはAmazonのアカウントも必要なのだが、大抵、Amazonで売っている Fire TV Stick を買ったのだから、その辺りはみんな大丈夫だろう。

で、初期設定が終わると、ほーら色々見られるぞー。

ちなみに、初期状態ではyoutubeをみる事はできないのだけれど、ブラウザをインストールすればそれも見られるようになる。

えーっと、Fire FoxかSilkという「アプリ」をインストールしよう。

あと、ミラーリングも出来るらしいんだけど、また試していないので、そのうち紹介したい。

とにかくまあ、子供達も大喜びなのだが……、一つ問題が。

色々見られるのは良いんだけど、CMとか挟まないので区切りを付けるタイミングが難しいんだよね。延々映画を見ていられる、そんなアイテムだが各自津にダメな大人を量産しそうである。

感想

さて、Amazonのレビューなんか見ていると、画面がカク付くとかいう話が目に付くのだけれど、我が家のに関してはそういう事は無かった。

息子が、スイッチの通信で「ラグが酷い」とか文句を言っていたので、通信環境は必ずしも宜しく無いと思うのだが、気になるような現象は確認出来なかった。

いや、厳密にいうとブロックノイズが出ている感じの時もあったのだが、そこまで画像の美しさを求めていない我が家では、今のところ気にしていない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました