ウレタンタイプのイヤーピースでフィット感抜群

スピーカー&イヤホン

イヤホンを使う身としては、イヤーピースの紛失して結構困ることがある。

以前も、イヤホンを使っているという話は紹介したよね。

僕が愛用しているのはこちらのアイテム。

それともう1つ。

スポンサーリンク

イヤーピースは付属品でもかなり満足度は高い

シリコンタイプのイヤーピース

イヤホンの付属品として付いてくるイヤーピースは、シリコンタイプが多い印象がある。

もちろん、サードパーティー製のシリコンタイプイヤーピースも結構出回っている。

案外、耳の中は汚れやすいので、比較的清潔せいを保ちやすいシリコーンタイプのイヤーピースは、案外理に叶っていると思う。

しかし、それなりにしっかり耳の中にフィットしてくれなければ困るので、そこはやはり音楽に拘りのあるメーカーのものを使う方が良い。

この辺りは特に優秀である。

シリコン製であれば水洗いにも対応してくれるから、清潔に保つのも容易だよ。

ウレタンタイプのイヤーピース

前回もオススメしたのだが、イヤーピースもウレタン製のものがあって、これがかなり良い。

ウレタン製のイヤーピースは低反発のものが採用されて、じわりと耳の中で広がってフィットするため、遮音性が高く付け心地が良くなると言うメリットがある。

ただ、フィット感が高まる一方で、サイズ感がシビアになる点は注意したい。サイズがS・M・Lなどの展開があるが、自分の耳にどんなサイズがフィットするのか?を知らないと、あまり付け心地が良くない感じで使う事になる。

だから、安いものを買って、自分の耳にフィットするサイズを知り、その上でちょっと高いものを使ってみるというような流れにするのが望ましい。

人によっては、「少し大きめのものを買っても、低反発ウレタンでフィットしてくれるから問題無い」という反対の意見の人もいる。それはそれで正しいのだが、僕は、低反発ながら、ずっと圧力を耳の中で感じている状態が続くのは好きでは無い。

だから、耳にあったものを選ぶようにしている。

あと、ウレタン製のものはシリコン製のものに比べて汚れ易いことや、耐久性に劣るものが結構あるので、その辺りは注意願いたい。

多分、価格の安いものでも「あ、これスゴイ」と、シリコン製のイヤーピースとの違いを明確に感じやすいアイテムだとは思うけれども、使っていくと分かる事もあるから、その辺りはしっかり理解しておいた方が良い。

そうそう、Bluetoothトランスミッターを使って、Bluetooth対応のイヤホンを使うと結構良いかも知れない。

好みのイヤーピースを付けたBluetooth対応のイヤホンを使って、コードから解放された生活を楽しむのもありだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました