ネックバンドタイプのイヤホンを買った

スピーカー&イヤホン

こーゆーヤツである。

サウンドピーツのイヤホンはAmazonでも「鉄板」と言われる商品で、コストが安くて比較的優秀な商品を提供しているというので定評がある。

イイモノだね!

スポンサーリンク

ネックバンドタイプのイヤホン

最初に買ったBluetooth対応イヤホンはこちらだった。

これはこれで素晴らしいと思うのだが、無くしてしまった。再び同じものを買うことも考えてみたが、せっかくならば別のタイプも試したかったんだよね。

人気のQY19、コストパフォーマンスは高い

さておき、前回買ったQCYのイヤホンは支那製品で、コストパフォーマンスは高いというのが前評判だった。

Ankerの製品と迷ったのだが……、その当時のAnkerのイヤホンはあまり評判が良くなかったのでQCYを選ぶことに。

音質の面ではQY11がオススメらしいのだが、僕は自転車に乗るときにサングラスを掛けることが多いので、QY19をセレクト。たぶんだが、QY11だとサングラスのツルの部分とQY11の耳にかける部分が干渉しかねない。

QY19は非常に小型だ。

届いた外箱は非常にシンプルで小さかった。中身も、小分けして袋に入れられてはいたものの、シンプルな感じだった。

過剰な包装で無いのは好感が持てるね。

防水仕様とBluetooth4.1

防水レベルはIP64 防塵防水等級なのでIPX3相当、つまり、雨天でも問題無いけど水没するレベルは困るよーという感じだ。

Bluetooth 4.1は、省電力で長時間駆動できるようになった規格であり、音が途切れにくく、省電力で動く事を意味している。

実際にQY19は驚くほど軽い。12.7gで連続使用時間は5時間程度。この辺りは、重量と連続使用時間のバランスを採った感じだね。

充電時間も短いのは嬉しい。

全体的にスポーツ仕様に拘った感じである。

音質はそれなり

この辺りは、拘りだしたらヘッドフォンに行くのだろうし、有線イヤホンを選んだ方が色々と幸せになれるだろう。

ただ、QY19でもそれなりの音質を期待して良い。

若干、しゃりしゃり言う感じが強い様だが、耳の穴とイヤーピースのバランスで全然音のレベルが変わるので、この辺りは多少拘っても良いだろう。

イヤホンとほぼ同じ値段になってしまうが、低反発のポリウレタンを使ったようなイヤーピースを使うと、音質は明らかに変わる。

ただ、この手のイヤーピースは遮音性も高くなるので、歩きながらの使用を考える人は避けたほうが無難だろう。自転車に乗るときはそもそも使うべきでは無いと思う。

そして、ジョギングなどで使う分には、純正品でもそれ程問題を感じない。この辺りは使ってみて考えていけば良いんじゃ無いかな。

QCYのQY19から、SoundPEATSに乗り換える

で、上で書いた通りイヤホンを紛失。それで、何処かに無くしてしまったのをきっかけに別のを買うという選択をしたわけだ。

正直、通勤中に使うアイテムという位置づけなので、それほど音質に拘りは無いのだが、QY19はしゃりしゃり感が強い印象だった。

買ったのは、SoundPEATSのForce

で、買ったのがSoundPEATSのアイテム。

Amazonでは定番中の定番ですな。

最初に候補にあげたのが、Q30。

カラフルなQ12辺りも魅力的ではあったのだが、防水性能を高め、音質に拘ったQ30のモデルは結構お買い得な値段設定になっている事もあって、大変魅力的に映った。

しかし、色々サイトを調べていくと、これの後継機が出ていることが判明。

それがこちら、Q35 Proである。

10mmドライバーを採用した音に拘って進化したバージョンであり、4000円オーバーと若干価格は高くなっているものの、各サイトのレビューでも高評価である。

Q30よりも高音域の改善が目立つという評価が多かったようだ。

それと、Q30に比べてQ35 Proは遅延が改善されているという点も大きい。Bluetoothイヤホンは、どうしても音の遅延が発生する。このために、旧製品では画像と一緒に音を聞くと、音ズレが気になるレベルだったようだ。でも、僕の場合は音楽だけしか聴かないから関係無い~。

結局、Forceを買った

で、そんな訳でQ35 proを買うことに心を決めていたのだが、何故かForceを買ってしまった。

理由はAmazonでタイムセールをやっていた商品だからである(汗

検討していた当初はネックバンド型を買う事を考えていなかったのだが、結果的にはこれがかなり良かった

音質に関してはQ30相当と言うことらしいのだけれど、比べていないんで分からない。

ただ、以前所有していたQCYのQY19と比べると、明らかに音質が改善している。

ドンシャリ感はなりを潜めて、高音の表現力が上がっている印象を受けた。正直、同じ曲を聴いても「別バージョン?」と錯覚する程度には、色々聞こえる音が増えた印象である。

ただまあ、ヘッドホンなどと比較すると、やはり表現力に不満は残るレベルではある。もちろん、イヤホントしてはかなり音質向上が感じられたので、オススメアイテムといえる。

現時点でもかなりのお気に入りなので、強くオススメしておきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました