d-tabヤバイね

モバイルアイテム

さて、偶にはニュース的な素材も扱っておこうか。

dtabを手に入れたぞ!でも、カスタマイズに苦戦
妻のスマホを更新する序でに、タブレットの更新をする流れになった。実は、前のdocomoショップで思わず手にしてしまったタブレットが、未だに契約が継続中になっていたことが判明。いやはや、時々はしっかりと契約を見直さないとダメだねぇ。...

このブログで紹介したように、僕はdtab「d-02K」を使っている。毎日にのように使い倒しているぜ!

ただまあ、セキュリティ上の不安はどうしても拭えないので、重要な情報のアクセスするのに使うのは控えてはいる。気休め程度の話だってことは分かっているんだけどね。

オランダでファーウェイ製品の「バックドア」発見、政府が調査
米ドナルド・トランプ大統領は5月15日、米国企業に対し、安全保障上の脅威となる外国企業の通信機器の調達を禁止する大統領令に署名した。ここで述べられた「外国企業」が中国のファーウェイを指していることは明白だ。それから24時間も経たないうちに、

こんな報道もあったんだよね。

ファーウェイ製品には、こんな話が以前からあって、バックドアが有ろうが無かろうが心配なものは心配なのである。

スポンサーリンク

アメリカの貿易戦争でファーウェイが槍玉にあがる

もう晩秋……いや孟晩舟の逮捕

ファーウェイの副会長兼最高財務責任者(CFO)が逮捕された話は世間を騒がせていたのだけれど、アメリカがファーウェイと関連企業をブラックリストに載せてしまって大騒ぎ。

更に、Googleがこれに追従するとあって、 去年の冬から大騒ぎになっている。

Googleのファーウェイ制裁参加で欧州にショック拡大中、脱米模索も

2019年5月22日

米中貿易戦争は大きくエスカレートしつつある。中国を代表するテクノロジー企業、Huawei(ファーウェイ)に対し、Google(グーグル)がハード・ソフトの新規移転を停止したことはヨーロッパにもショックを広げている。ヨーロッパのテクノロジー企業もファーウェイと絶縁しないかぎり米国の禁輸ブラックリストに掲載される可能性が出てきた。

「techcrunch」より

この記事ではヨーロッパでは脱Googleを模索するような話が出てきているが、実際の所それは現実的ではないんだよね。

Playストアなどアプリ供給がネック

巨人Googleに踏みつぶされないように逃げ回ることは、なかなか難しく、PLAYストアが停止してしまえば、一気にスマホの魅力は落ちてしまう。

ファーウェイ、グーグルに対抗して独自アプリストアの強化を模索か

2019年05月22日 08時23分

華為技術(ファーウェイ)は2018年、同社のアプリストア「App Gallery」にアプリを提供してくれるパートナーを探していたようだ。

「CNET」より

ファーウェイが支那国内でPlayストアの代わりになるサービスを提供できたとしても、海外にそれを展開することは非常に困難である。

まず信用が確保できない。

つまり、Androidの魂とも呼べるアプリの供給が止まってしまう可能性が高く、ファーウェイのスマホやタブレットは今や風前の灯火と言って良いだろう。

auやソフトバンクは直ぐに反応

販売の発表を遅らせる対応

当然、日本国内のメーカーはこれを深刻に受け止めなければならないし、事実そうしたようだ。

auとソフトバンク、ファーウェイ夏モデルの発売を延期の方針

2019年5月22日 13:26

 3キャリアは、2019年の夏モデルとしてラインナップしたファーウェイ製スマートフォンの発売時期について、予約の停止や発売時期を延期するなどの変更をアナウンスした。ファーウェイが米国の規制対象となったことに関連したもので、各社ともに、状況を注視していく方針を明らかにしている。

「ケータイWatch」より

ドコモの反応がイマイチ遅いのだが、auとソフトバンクは発売延期の方針を出したようだ。この後でドコモも延期を判断したようだけれど……。

大手キャリアの判断は仕方が無い

さて、この大手キャリア3社の反応について「過激」だと批判する人もいるようだが、これは大手キャリア3社にとっては死活問題なのだ。

Huaweiへの米企業による輸出禁止、米商務省が一部について90日の猶予

2019年05月21日 11時36分 公開

米商務省産業安全保障局(BIS)は5月20日(現地時間)、15日に発表した中国Huaweiおよびその関連企業に対する輸出規制について、一部の企業に対する規制を限定期間猶予する一時的一般許可証(TEL)を発行すると発表した。この許可証は20日に発効し、90日間有効だ。

「iTメディアニュース」より

5月20日から90日となると、夏モデルが出るタイミングと重なることが考えられるのだ。

つまり、夏モデルのファーウェイ製スマホにアプリが全然はいっていないとか、そういう事態を迎えかねない。そんなことしたら販売店はもはやそれを売るわけには行かない訳で、話が確定するまでは販売見合わせというのは当然の判断だ。

ついでにPanasonicなども付き合いを見直すぜとか、ARMが付き合いを見直すとかいう話が出ているので、これ、相当ヤバイことになるだろう。

詳しい話は止めておくけど、ファーウェイ製スマホは終了、という未来しか見えないのが現状なんだよね。

現行機種はGoogleは対応すると云うが

いつ、Playストアが使えなくなるか分からない

で、僕の持っているd-tabはどうか?というと、「既存機種」というカテゴリーに該当するので、Googleは「普通に使える様に配慮する」と報道されているんだよね。

ただ、これは現段階で、という話で、将来的にファーウェイに対するリスクが上がれば、Playストア利用停止のリスクは十分にありうる。

そうなったらもう文鎮だね。

ファーウェイ製は当面買うのを見合わせるというのが良いだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました