家庭でできる浸水対策

防災

ここの所、台風の影響で雨が続く。

家庭で一体何ができるのか?という話なのだけれど、浸水しないように土嚢どのうを積むくらいの事だろうか?

妻

土嚢どのうってどうすればいいのよ!!

木霊:こだま
木霊:こだま

うんまあ、困るよね

そもそも土嚢って何?という話からしなければならないのかな。

スポンサーリンク

土嚢どのうを用意しよう

浸水対策としての土嚢

さーて、土嚢どのうって何、というところから名のだけれど、先ずはこの動画から。

自衛隊LIFEHACK Season2「正しい土のうの作り方②~積み方編~」
木霊:こだま
木霊:こだま

練習できるかっ!!!

ま、まあ、思わず突っ込みを入れたくなる動画なんだけど、それはともかく知識として知っておくことは必要だろう。

土嚢どのうを積むとこんな感じになる。

浸水被害が起こるのは、家の玄関や勝手口など、水が上がってくる可能性のある場所である。

よって、左にあるような感じで入口の下部分に土嚢を積んでおけば、土嚢の高さ分だけ浸水を防ぐことができるので、それなりに有効なのだ。

入口だけでなく、家の基礎に作られている通気口などの前にも土嚢を置いておくと良いだろう。床下浸水の被害リスクを多少なりとも減らす事ができる。

そんな訳で、とにかく土嚢どのうを持っているに越した事は無いのだが……、中に詰めるための土が無ければどうしようも無いんだよね。最近は庭の無い家も多いので、袋があっても土嚢どのうにならないという。

水で膨らむタイプの土嚢どのう

で、最近は水で膨らむタイプも売られている。

使い捨てなので、使い勝手が良いかどうかはちょっと悩ましいところだが、あれば便利ではある。

板も利用しよう

あと、板を利用するのも良いだろう。

板であれば、しまっておくのも難しくは無いので、ホームセンター等で、ある程度の厚みのある板、12mmか15mmくらいは最低限欲しいところだが、それなりの厚みのある板、入口の幅よりも広いものを用意しておこう。

入口を塞いだだけでも随分と安心できるしね。

あとは、ブルーシートを用意しておいて、土嚢と組み合わせて入口を塞ぐなんて事もできる。

まあ、ともあれ浸水対策はアイテムが無いことには難しい。

サイトによっては家庭用ゴミ袋の中に水を詰めて土嚢の代わりにしよう!と説明しているところもある。が、重さにビニールが耐えられないことが多いので、できれば専用品を用意しておきたい。

救命胴衣もあれば便利

水遊びにも使えるが

あとは救命胴衣があると良いのだが、何十年に一度という頻度なのに救命胴衣を用意するのか?というような話になる。

積極的に使う必要があるのだが、万が一のことを考えて救命胴衣があると、腰くらいまで水が溜まったときにも対応ができる。

なお、膨らませるタイプの救命胴衣は使用期限があるので、定期的なメンテナンスが必要であることは注意しておこう。3000円程のアイテムなので、用意しておくに越した事は無い。周囲に河川があって、「不安だ」と言う方にはオススメしたい。

高台に住んでいる人は、余裕があれば、でイイと思う。そうそう、懐中電灯は耐水タイプを用意しておこうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました