【猫が来た!】猫が通れないようにベビーガードを工夫したよ

さて、既にねこねこ日記になりつつある当ブログだが、猫が来たから仕方が無いよね。

先日の記事で、ベビーガードを付けた話はした。で、隙間が大きすぎて猫が通過しますという話も(汗

当然そのままでは不味いので、工作でナントカしようって話になった。

スポンサーリンク

猫が通過するベビーガードを改造します

ダンプラを買ってきた

段ボールプラスチック、略してダンプラなのだけれど、比較的大きいホームセンターであれば沢山在庫が置いてあるハズだ。

週末に適当なサイズのものを買ってきた。僕が買ってきたのは910mm×910mm程度の大きさのもののハズだ。測っていないけど。

プラダンとか、プラベニとか色々な呼び方はあるみたいだけど、段ボールの素材がプラスチックになった感じの板だと理解して貰えればイイと思う。

コレを選んだ理由は、「軽い」ことと「安い」こと。それに、「加工がしやすい」ことと、猫が触ったときにつるつるしてとっかかりがないから良いだろう、なんて判断もあった。

それをこのベビーガードに取り付けます!

このベビーガード、隙間があります!

まあ、百聞は一見にしかずということで、写真を貼ろう。

階段の前に鎮座するベビーガード、とても邪魔であるが、背に腹は替えられない。……ハズなんだけど、猫は素通りします!

そんな訳で……。

通れなくするためにプラダンを前に置いてみる。もちろん、このままではどうしようも無い。

マーキングしたところをカッターナイフでカット。

ついでに穴も空けよう。ちなみに、穴開けはキリがあれば良いのだが、そんな都合の良いものは存在しなかったので、ドリルを使った。

こんなのがあれば話は早かったんだけど……。

はーい、こんな感じになりました。

上の部分が切り欠いてあるのは、この部分、手を通すんだよね、扉を開ける時に。

なお、ベビーガードへプラダンを固定するのにはインシュロックを使った。穴を開けてインシュロックで固定したのだけれど……、写真を忘れたのでまた今度紹介しよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました