【猫が来た!】猫を飼うにはどんな準備が必要なの?食器編

準備

我が家に猫が来ることになったが、来てから準備をするのでは遅いので、来る前に色々と画策することに。

家の中で飼う猫なので、居場所を作ってあげないと。

スポンサーリンク

食器を用意してあげよう

専用の食器

さて、まずは「食」について考えてみよう。

猫が餌を食べるための食器が必要なのだけれど、我が家では2匹同時にってことになってしまっているので、食器はどうすればいいのかな。

どうやら、猫用のお皿にはある程度の高さを用意してあげたほうが良いようだ。餌がこぼれないように深さもある程度必要なんだって。

こんな感じの高さのあるお皿とスタンドが理想的だね。ただ、これを猫たちが気に入ってくれるかどうかはよくわからない。

最初はこんな感じの容器で様子見をしたほうが良いのかも?この容器はシリコーン製のボウルなので、洗うにも便利だ。

大きさも重要で、猫はひげが食器に当たることを嫌がるようで。

試行錯誤するしかないので、最初は安い器から始めたいところだ。

ただ、多頭飼いする場合には、それぞれ容器を用意してあげたほうが良いので、「餌用」「水用」を2つづつ用意する必要がありそうだな。

材質の話

食器といっても、人間用の食器でもそうであるように、「陶器製」「ガラス製」「樹脂製」「金属製」とさまざまな材質のものがある。

使いやすさを優先すれば樹脂製がお手軽で便利だとは思うのだが、人間の食器と混じるのはいただけない。分かり易く専用の容器を用意しておく必要があるね。

これはメラミン製の容器なのだけれど、この辺りが「餌用」にはお手頃だと思う。

ただ、樹脂製は傷が付くと汚れがこびりつくなどの問題が出てくるので、猫の健康を考えても、定期的に交換するほうが良いようだ。

「水用」の容器には深めの容器を用意する必要があるのだけれど、高さがあるのはポイントだ。ただ、重ねにくいなど収納にはちょっと困るかも。

こんなのが人気らしいぞ。

猫の食事は1日4~6回

ちょこちょこ食べるのが好き

どうやら猫というヤツは、一度に少量しか食べないらしく、1日の食事回数は4~6回と比較的多いらしい。

ドライタイプをエサのお皿に出しっぱなし、というのは良くあるやり方らしいのだけれど、エサが傷むこともあるので、1~2回で食べきれる程度の量を出しておくことが良い様だ。

出来れば毎回片付けたいけれど、流石に日中留守にする人もいる。僕の家でも毎回片付けるのは現実的じゃ無い。

ウエットタイプも

そして我が家に来るのは1歳未満の子猫なので、ちょっと柔らかいタイプも考えたいところ。

猫によってはウエットなタイプを好む子もいるようなので、この辺りは試行錯誤していくべきだと思う。

ミルクも用意してあげると良いだろう。

せめて1日1回は食器も洗おう

で、食器の話に戻るのだけれども、食器を洗わないというのは、猫の健康のためにもあまり宜しく無い。

野生の生物なので、人間よりもはるかに痛んだ食べ物に対して耐性はあるのだけれど、わざわざ痛んだものを食べさせる必要は無い。

食器も雑菌が繁殖しないようにしっかり洗ってあげようね。

そして、食器を洗うことを考えると、陶器の食器が都合が良いのだけれど、割れちゃうと結構厄介なんだよね。

我が家では、最初はメラミンのヤツを試して見たい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました