【キャンプに行ってきました】コップはステンレス製のスタッキングできるヤツがいい

食器類

週末に仲間でキャンプに行ってきたのだが、完全におんぶに抱っこの状態で参加したキャンプだったので、足りないモノを色々と実感した。

そんな話をボチボチと書いていこうと思う。

スポンサーリンク

紙コップは便利だけど

備えておくと便利な紙コップ

何と言っても便利な紙コップである。

何かと使えるので、1セットは用意しておくことをオススメする。最近はゴミを捨てられるキャンプ場も増えているので、テントをしまった後に一息つくとか、用途は色々である。

ただねぇ、あくまで緊急避難用のアイテムなので、食事の時に使うにはあまり向かないんだよね。のんびり食事を楽しんでいる時に、紙コップじゃ風情が無い。それに、飲み物を変える時にもいちいち新しくしないとダメなので、どうにも宜しく無い。

そんな訳で、我が家で愛用していたのがスタッキング出来る、つまり重ねる事ができるコップで、ケース付きだとなお便利だ。

ただ、これポリプロピレンというプラスチックで出来ているので、耐熱120度って事になっているので、温かい飲み物を入れても問題無いのだが、どうにも気分的には嬉しく無い。

細かい傷が出来ると、衛生的に使うのも難しくなっちゃうしね。

ホウロウのコップが良い

で、こんな時に便利なのが琺瑯(ほうろう)のコップである。

こんな感じのアメリカンなアイテムを持っていると気分もあがるね。

特に重ねられるアイテムは便利だ。

キャンプに行く時には、荷物をとにかくコンパクトにまとめたいので、重ねられるアイテムというのは非常に嬉しい。あと、取っ手があるのは嬉しい。熱い珈琲を飲むのにも、取っ手があれば便利だよね。

ステンレス製のスタッキングコップもGood

琺瑯のコップも魅力的だが、扱いのし易いステンレスのコップも良い。

この手の紙コップみたいな形のステンレスコップもあって、なかなか魅力的だが、1つ用意しておくと良い。

これなんか結構面白いアイテムだと思う。

こういった別売りのアイテムを付けると、ちょっとオシャレでグリップに使える。

スタンレーのスタッキングコップもなかなかである。

琺瑯のコップとは違い、2重構造のアイテムが魅力的なのがステンレス製のスタッキングカップ。この手のアイテムを用意しておくと、他の人のコップとも違いが出せてなかなかである。

重ねる事ができるコップがあると便利だ、というお話

重ねられるというのはとっても重要

というわけで、キャンプに持っていくのであれば重ねて収納できるカップがなかなか良さそうである。

仲間は琺瑯製のヤツを持っていて、欲しくなっちゃったというのが本音なんだけれども、この手の無骨なアイテムも気分が出ると思うよ。

この辺りで検討して、次のキャンプの時には是非用意していきたいね。

コップの大きさの話

そうそう、コップの大きさなんだけど、キャンプで使い勝手の良い大きさというと、普段使いよりももうちょっと大きいのが便利な感じがする。

そうだなー、スタンダードな紙コップの大きさって、自動販売機で出てくるヤツだと9オンスサイズが多いらしいのだけれど、容量にして270mlってな事になる。

キャンプ、特に夏の時期だとコップに氷を入れたりするケースが多いと思うので、9オンス~12オンス位は欲しいトコロ。12オンスでも340ml程度の容量があるので、ジュース1本分とほぼ同等の容量だと考えてイイと思う。

会議室とかに備えられている給湯機能の付いた機械で使うもうちょっと小さなサイズのコップが7オンスくらいだと言われているので、塩気の多い食べ物を食べる機会の多いキャンプならば300ml程度の容量が便利だと思う。

ただねー、缶ビールなどを注ぐことを想定すると、360mlくらいは欲しい。

500mlのビールを愛飲する人は600ml以上のアイテムがあるにはあるんだけど、持ち運びを考えるとあまり大きなコップというのも嬉しく無い。この辺りはどこまで割り切るのか?で決めたいところだが、300ml位が使い勝手が良いと思う。

朝、珈琲を飲む事を考えると、もうちょっと小さくても良いんだけど、複数コップを持っていくというのは、あまり現実的じゃ無い気がするから悩ましいな。お酒用とソフトドリンク用で使い分けるのはアリだと思うけど。

高いヤツにするか、安いヤツで我慢するか

この辺りの線引きはなかなか難しい。

キャンプは自己満足の世界でもあるので、雰囲気を味わうためにも高いアイテムを用意するのはアリだと思う。

高いといってもたかが知れているお値段である。どこで満足するか?というだけのお話。拘りが無ければ、色々な用途に使えるシェラカップでもいいんじゃね?という意見もアリだろう。

数を用意してこそのアイテムなので、シェラカップに高いアイテムをチョイスするのはちょっと気が引けるが、スノーピークのヤツもある。

シェラカップの良さは、何と言ってもコップとしても使えるし、食器としても使えるし、調理器具としても使えるし、という懐の深さが魅力的なのだが、仲間でキャンプするには少々無骨に過ぎる気はするな。

何にせよ、コップは行く人数よりも多く用意すると良いから、気に入ったモノをある程度数を揃えて、というのが良いと思う。

ソロで行くキャンプだとまた違うんだろうけど。

コメント

タイトルとURLをコピーしました