キャンプにナイフは必要か?

キャンプ用品

キャンプに行ったとき、1つあると何かと便利なのがナイフ。

ナイフというアイテムは、利便性以上に男心をくすぐるものだよね。ただ、注意しなければならないことも色々とある。

今日はそんな話。

スポンサーリンク

ナイフは何に使うのか?

ちょっとした便利グッズの十徳ナイフ

まあ、大雑把に言ってしまえば、ナイフは料理に使う。もちろん、釣りをやったり、ちょっとした作業をするときにもあると便利なんだけど、キャンプに行って料理をしない、って人は少数派だよね?

何といってもキャンプの醍醐味といえば、食べることなんだから。

で、ナイフの話。

ナイフと言えばこんなのを思い浮かべる人も多いだろう。

いわゆる、十徳ナイフというカテゴリーのもの。色々なツールが1本のナイフに組み合わされていて、便利なことことこの上ない。

こんな感じの爪切りや、はさみなんかも、普段は殆ど使わないんだけど、いざというときにあると便利なんだよね。缶切りや栓抜きがついている十徳ナイフも便利だ。

VICTORINOXといえば、この手のナイフでは老舗中の老舗。

こちらはどちらかというと工作系のツールを集めた感じのナイフ。こんなのもあると便利だね。

ちょっとした作業には、こうしたアイテムが役立つわけで、何でも持って行けるわけでは無いキャンプにおいて、こうしたアイテムがありがたいのは、説明するまでも無いだろう。

缶詰を買ったけど、缶切りを忘れた!みたいな騒ぎも、これ1つで無くなる。

藪の中に入るなら

ナイフのカテゴリーからは少し外れるのだけれど、散策をして藪の中に入るようなケースならば、枝打ちがあると便利だ。

大ぶりのナイフといえなくもないが、薪割りなどをやることを考えると、素直にナタを買うべきだろう。ナタでも枝打ちとして使うことが可能だからね。

実のところ、何にでも使えそうだ、というのはちょっと危険な発想。やることが決まっているならば、専用品を買うのが良いよね。

食材を切るなら

折りたたみナイフと、折りたためないナイフの2種類があるが、折りたたみは持ち歩くのには適しているものの、料理には向かない。

そうした場合には、シースナイフと呼ばれるタイプ、折りたためないヤツがオススメである。

ただ……、料理をするのに、果たして本当にナイフで良いのだろうか?

船行包丁と呼ばれる、刃渡りの短いヤツを持っていれば、むしろナイフよりも便利だ。少なくとも料理に特化しているという点ではね。

なお、一般的には三徳包丁という包丁が使われるのだけれど、魚料理などするケースを考えると船行の方が色々と都合が良い。

オールステンレスのヤツが特に良いね。

グローバルのこれは、世界的にも有名になった程。
一つはお気に入りを見つけておきたい。

そんなわけで、ナイフでも代用できるけれど、料理をする前提ならばむしろ小型の包丁を持っていくべき。じゃあ、ナイフはどこに登場するの?という話になるかもしれないけれど、色々持って行けないときの選択肢の一つという考え方の法が無難なんだな。

オトコゴコロをくすぐるアイテムではあるが、ナイフの出番は、専用品が無かったときに代用として、というパターンが多い。そんな気持ちで選んでおくのが無難だ。

そうそう、安物で良いのでまな板も忘れずに!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました