バジルを植えてみる

料理

バジルはペーストにしよう

バジルはかなり変質しやすい

ところで、収穫したバジルはどうするのか?というと、僕はペーストにするのをオススメしたい。

なにしろ、直ぐに黒くなっちゃうんだよね、バジルって。

だからこそ、この手のペーストが売られているわけで。

まあ、まずスーパーなどに生バジルが出回ることは期待できないので、栽培して直ぐに食べるとか、ペーストにするか、しかないと思うんだ。

バジルペーストのレシピ

以前作った事のあるペーストのレシピである。

<材料>
バジル …… 50g
ニンニク …… 2かけ
松の実 …… 25g
塩 …… 小さじ1
胡椒 …… 適宜
オリーブオイル …… 50cc
<作り方>
松の実とニンニクをフードプロセッサーにかけてペーストを作る。
バジルを投入。この際、バジルの水気は切っておくこと。
味付けに塩、胡椒を加える。
オリーブオイルは①、②の段階で徐々に加えること。入れないとペーストが作りにくい。

まあ、レシピはこんな感じだったけれど、実際はかなり目分量に頼って作った気がする。結果、美味しかったので、それでも良いとは思う。

ただ、このレシピでペーストを作った翌年は、ちょっと配合を変えてみた。

<材料>
バジル …… 90g
こしょう …… 大さじ6
にんにく …… 大5かけ
塩 …… 小さじ2
オリーブオイル …… 180cc

まあ、作り方は一緒なので省略。

何が違うかというと、買うと結構高い松の実を使わなかったことと、ニンニクと塩を多めにしたことだ。

若干塩辛くなってしまった感じはするが、バジルペーストの使い道は、ほぼパスタ、時々茹でジャガイモに付けたり、鶏肉にかけて焼いたりと、かなり味が薄めの素材と混ぜることが多かった。

だから、もう少し塩辛くてもOKかな?と

バジルペーストの使い道

バジルパスタ

今年はまだ登場していないが、過去に一番使ったレシピがパスタと合わせるパターン。

<材料>

  • パスタ 1人分
  • ベーコン 1枚
  • パルメザンチーズ 適量
  • 黒こしょう 適量
  • 塩 適量
  • バジルペースト 大さじ2

<作り方>

  1. パスタを茹でる。
  2. ベーコンをかりかりに炒める。
  3. ベーコンから出た油で茹でたパスタを炒める。この際に、バジルペーストと、黒こしょう、塩を投入する。
  4. パスタをお皿に盛りつけ、その上にベーコンを乗せる。そして、パルメザンチーズをかけたらできあがり

いやもう、簡単、美味しい。香りも良くって、言うことなしかな?

ちなみに、お野菜が欲しいときはここに混ぜてもOK。水菜とかキャベツとか味が強くないものならなんでもOKだ。

バジルソースピザ

ピザの上に載せて焼くだけ!簡単!

っていうか、説明の必要があるのか?このレシピ(笑

<材料>

  • ピザ生地(パン生地でもOKだし、食パンをベースにしてもOK) 一人分
  • バジルペースト 大さじ1
  • ベーコン 適量
  • チーズ 適量
  • トマト 適量

<作り方>
ピザ生地の上に、他の材料を全て載せて焼けばOK

いやもう、説明不要の美味しさ。手軽に出来て良いね。

ガーリックバジルトースト

ある意味、ピザよりもっと簡単なレシピ。

<材料>

  • 食パン 2枚(6枚切りくらいの厚めの方が良い)
  • オリーブオイル 大さじ3
  • にんにく 1かけ
  • バジルペースト 大さじ1
  • バター 適量(大さじ1か、1.5くらいが良い)

<作り方>

  1. ニンニクをすり下ろしてオリーブオイルに混ぜる。1時間ほど馴染ませると良い。
  2. 食パンを1/4サイズにして、片面を1のソースに浸す。
  3. 食パンの浸した面を上にして、バジルペーストを塗る。その上にオイルに浸かっていたすり下ろしたニンニクをスプーンですくって載せる。その上にバターをのせる。これで下準備が完了。
  4. 下準備を終えた食パンを、オーブンで適度に焼く(180度5分くらいが目安かな?焦げ目がちょっと付くくらいが良いと思う)
  5. オーブンから取り出して食べる!(笑

やみつきになる美味しさ。

ただ、使う油の量が多いので、食べ過ぎると太ります。

あとは、ポテトグラタンだったり、鮭とポテトのグラタンにかけたり、パルメザンチーズをきかせたポテトサラダに混ぜたりと、色々レシピはあるんだけれど、紹介しきれないし、写真がないので割愛する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました