ブログのオーバーレイ広告をやめた話

広告

このブログでは広告として忍者Admaxとnendを使っている。

アフィリエイト目的で立ち上げたブログなので、アドセンスを利用する事も考えたのだけれど、サイトを立ち上げた時には実績がなかった事もあって、お手軽に登録できる忍者Admaxの方を利用する事にした。前のブログでも同様に使っていたしね。

nendの方はA8を使っていた関係で、モバイルに特化した広告を探していたら行き当たったので使ってみている。

割と使い勝手が良いのでオススメしておきたい。

スポンサーリンク

コンテンツ連動型広告

お手軽に始めるなら忍者Admax

忍者Admaxもgoogleアドセンスと同じ様なスタイルで広告を配信してくれる「コンテンツ連動型広告配信サービス」である。

大手のgoogleに対して、忍者Admaxを運営するNinja tools株式会社は弱小なので、提携している企業の数も、単価も落ちる。これは、規模が違うので仕方が無いね。ただし、ルールが緩いこともあって、アダルトなサイトにも貼り付け可能だ。

また、審査も簡単に終わることもあって、立ち上げ直後のサイトに貼り付ける事もできる。

立ち上げ直後のサイトだと、googleアドセンスさんの審査にとおらないケースもあるんだけど、忍者Admaxならば概ね問題無いよ。

他にもいろいろアフィリエイト用の広告サイトの話はあるのだけれど、今日はそれが主題ではないのでやめておこう。

nendは審査にちょっと時間がかかる

忍者Admaxに慣れていると、広告配信タグを追加で作った場合に直ぐに配信されるので、レイアウトを弄ったときにも直ぐに確認出来て嬉しいのだが、nendはタイムラグが数時間ある。

そこにさえ目を瞑れば割と優秀なサービスだと思う。

忍者Admaxと同じコンテンツ連動型広告なんだけど、モバイルに特化しているところが優秀だと思う。

実は、忍者Admaxを使っていて困っていたのは、モバイル向けの広告がタブレットでは表示されないという状況が発生して、これを解決出来なかった。

nendは広告がレスポンシブに対応しているので、サイズをタブレット用に調整してくれる。

ただ……、nendと忍者Admaxとの違いで大きいのは、クリックしないと収入にならないと言う点だろう。

オーバーレイ広告をサイトに貼り付けると

何処に広告を貼り付けると良いか?

さて、忍者Admaxの話をいきなりしたが、広告の貼り付け方に関しては別に忍者Admaxに限らず考えなければならない話。

良くある記事ページのパターンが、「記事上」「記事中」「記事下」と「サイドバー」である。このレイアウトも、よくあるパターンンの1つではあるんだけど、悪く言えばありきたり過ぎるともいえる。

cocoonを利用した場合には、記事ページのほかにもインデックスページや固定ページがあるのだが、いずれにしても特定の場所に埋め込む「インライン」と呼ばれるスタイルを使う場合には上の図にあるような位置に広告を貼ることになる。

ところで、こちらはPC画面での広告位置なのだけれど、スマホやタブレットだとサイドバーは畳まれてしまう。だから、サイドバーのところは考えなくていいだろう。

cocoonの場合、サイドバーはたたまれていて、クリックすると出てくるタイプなのだが、頻繁にサイドバーをクリックする人は少ないので、目に触れる機会が少なく、広告を埋め込むにはあまり適してはいない。

実際に、サイドバーの被クリック率は過去の傾向から見ても高くないようだ。

オーバーレイ広告

上に挙げたパターン以外にも「オーバーレイ」というスタイルの広告がある。スクロールしても付いてくるタイプの広告で、読者の目に必ず入るという意味では良いスタイルなのだが……。

僕は好きじゃないんだよね。

ちなみに、僕のスマホで表示させるとこんな感じになる。左がオーバーレイ広告を採用した場合で、右は採用していない場合だ。

この広告は画面をスクロールしても常に下に配置されているのだが、cocoonのメニューバーの上に重なってしまうので鬱陶しいことこの上ない。

ちなみに、一番下までスクロールすると、上側に配置される配慮はある様だ。

ところが、スライド式のサイドバーを引き出すと、こんな感じで重なってしまう。

この様に重なるが故に誤クリックが増えるというメリットはあるが……。好きじゃないんだよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました