ブログ移転とアクセス数について

アクセス

移転して半月ほど経って、そろそろレイアウトなどは落ち着いてきた感じなのだけれども、ブログ移転の影響は出ているようだね。

アクセス数が減った!

泣ける!

スポンサーリンク

移転するとアクセス数が減る

PVの減少

ただ、こればっかりは仕方が無いと思う。

引っ越しに例えると、引っ越し前の住所を知っているみんなは、新しい引っ越し先の住所を知らない状態なので、新しい住所の方には誰も訪ねてこない。

ついでに記事の引っ越しなどをすると、コピーコンテンツ扱いになるので、検索順位も上がらないというような事になる。Googleさんはそういったことに厳しいのだ。

コピーコンテンツ扱いにならないために

コピーコンテンツとは、記事を丸っとコピーして別のサイトに載せてしまう方法で、かつては同じサイトを立ち上げてPVを稼ごうということが出来た時代があったようなのだけれど、検索の質を向上させるために、「同じコンテンツは避ける」というようなGoogleさんのポリシーに引っかかってしまう。

これに引っかからないためには、引っ越し元のデータを消さなければならないのだけれど、ネット上にはしばらくキャッシュとして残ってしまう。

すると、結局、検索順位が上がらないなんて事になる。

となると、やっぱり引っ越し元には引っ越し先のリンクを貼っておいて記事の内容は消しちゃった方が良さそうだ。

新サイトでは新しい記事で勝負

しかし、引っ越し前の記事にアクセスが多いからといって、引っ越し後もアクセス数を稼げるかと言ったら、やっぱり難しい。

リライトするというのも一つの手だけれど、新しい切り口で記事を書いていくべきだと思う。

コピーコンテンツ扱いになる記事が多いと、質の悪いサイトだと判断されちゃうんだよね。

これは、サーチコンソールのサイトで表示されるカバレッジと呼ばれる項目なんだけれども、「有効なページの数」はなんと1件である。

エラーが無いのは良いのだけれど、この状態だと検索してアクセスしてくれる、なんて話にならない。

こちらは、アナリスティックスの結果で、一番濃い色のReferralが減り続け、24日には無くなっている。

これは引っ越しの影響だけでは無いとは思うのだけれども。

無料ブログから引っ越したから

当ブログは、Bloggerの無料サイトからの移転である。

有料サイトからの移転であれば、ドメインを変えずに移転するという方法があるのだけれど、無料ブログは、ドメインの選択が出来ない。だから、移転するとどうしてもアクセス数の減少は避けられない。

そんな訳で、新しい記事で勝負するしか無いって話なんだね。

……トホホ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました